越後ブランド


越後の木の家に
住み継ぐ。

越後の産地材で、越後の職人が、越後の気候風土にあった住まいをつくります。

"食"や"習俗"等と同じく、暮らし方にも郷土ならではの伝統や歴史に育まれた個性があります。
それは、気候や風土に根ざした"住文化"とも呼べるもの。
地球規模のエコロジー視点から食材等の地産地消が求められている昨今、
住文化を担う住まいも"地産地消"であるべきとわたしたちは考えます。
先人たちが積み重ねてきた文化を継承し、次世代へ伝えていく。それを叶える性能を備えた高品質な家を、お届けいたします。

地域型住宅ブランド化事業とは

地域型住宅ブランド化事業とは

 国土交通省が推奨する木造住宅の生産体制強化事業で、資材供給から設計・施工までの関連業者が連携して生産グループをつくり、共通ルール(たとえば後述する『朱鷺の家』のお約束)に基づいた「地域型住宅」を建築すること。その取り組みが良好なものは採択されて、補助金が交付されます。良質な地域材「越後杉」を活用し地域の業者でつくる『朱鷺の家』はこの交付対象となっています。

補助金について

越後スギ活用住宅『朱鷺の家』に認定されると、国から最大140万円が補助されます。

新潟県中越地域型住宅供給協議会

ルールに従い住宅供給に取り組む

長期優良住宅「朱鷺の家」

1戸当たり建築費の1割以内かつ

100万円を限度に補助

地域材

1戸当たり上記に加えて

40万円を限度に補助

※柱・梁・桁・土台の過半において、都道府県の認証制度などにより産地証明等がなされている木材を使用の場合。

採択

補助金

なぜ越後の木を使うべきなのか

なぜ越後の木

 多雨多湿な気候で育った「越後スギ」は耐湿性・調湿性などが高く良好。計画的伐採で、地域の森のサイクルを保つことにも大きな意義があります。『朱鷺の家』に使う「越後スギブランド認証材」は認定工場で生産され、県が定めた品質・性能基準を満たす以下の特徴を備えています。

「越後スギ」の3つの特徴

  1. 県産杉を原料としている
  2. 乾燥しており狂いが少ない
  3. 強度や寸法等の品質が明確

「朱鷺の家」のお約束

  1. 長期優良住宅の認定住宅です。
  2. 積雪荷重を考慮し構造等級2以上を確保します。
  3. 地域の良質な越後杉材を主要構造部に50%以上使用します。
  4. 地盤調査や設計性能の表示を行います。
  5. 完成保証と住宅履歴情報の蓄積を行います。
  6. 越後スギ活用住宅『朱鷺の家』認定証を発行します。
ページトップ